ここ掘れ㌆² U^ェ^U ☰☷☯☵☲

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/pangnang

李氏朝鮮誕生秘話

[moblog]
李氏朝鮮誕生秘話

中国内蒙古自治区在住の史家でチンギス・ハーンの末裔であるボルチギン・バタル氏が韓国で出版した『モンゴピョンファ グァ コリョ(パクスモンゴル=“蒙古がもたらした平和”と高麗)』が新視点を提唱しており興味深い。
韓国を蹂躙したモンゴル(中国元朝)の峻烈さは日本支配の比ではない。その一方でプルコギなど肉食文化を定着させた功罪あまたで、このブログでも去年8/3・10や9/8に書き綴ってきた。モンゴルに隷属した高麗では、王家がチンギス血族と婚姻を繰り返し保身を計った。同時に一般高麗人の多くもモンゴル配下として流入した契丹人や中国人と交わった。これは現代韓国人が高句麗・百済・新羅の直系の純血種でなく、続く李朝で同族化の再編が行われたことを物語る。
高麗王家は瀋陽王(現遼寧省)の肩書を得て都の開城(ケソン)と瀋陽・大都(元の都で北京の前身)・モンゴルを往来する生活に逐われた。高麗王不在時の留守居役として双城総管府という瀋陽・開城の二つの宮城を統轄する役所が設けられ、軍人が責任者となった。留守を預かる訳なので直接政務を司ることにもなるが、これはモンゴルの計略で高麗王の政治権限を剥奪するのが目的。本来は臣下の高麗人が主君である高麗王を監視したのだから人心は疑心暗鬼に陥った。この役職に代々就いてきたのが李朝を興した李成桂(イ・ソンゲ:写真)の一門であるとバタル氏は指摘する。
高麗も国家として軍隊は有したが軍事クーデターを警戒し勢力や権限を分散した(このことがモンゴル侵攻時に対抗できなかった素因である)。だが李成桂一族はモンゴルに忠誠を誓い、兵力を蓄え政治手腕を磨き、モンゴルが弱体し中国に明朝が成立するやこれを後ろ盾に独立を宣言。バタル氏はモンゴル支配がなければ李朝も生まれなかったと結んでいる。
ただ李成桂は現代韓国からすれば建国の英雄でも、当時の明朝からすると擦り寄ってきたものの、本来の主君である高麗王家を裏切り、次いで仕えたモンゴルとも離反したことから「信頼できない」と捉えていたことは文献に残されている。日本でも戦国時代の下剋上の乱世では裏切り行為も横行したが、儒教を重んじるを旨とした李朝の開祖が忠孝を果たしていないのでは説得力がない。


李成桂 表裏卑怯の者
goodポイント: 8ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000001984/p10146008c.html
ハンサ(韓史) | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

やっぱチョンの歴史は裏切りと陰謀に血塗られているんだわな

[ A・R・A☆S・H・I ] 2009/10/08 13:38:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

チョンはモンゴル人や同等レヴェル以下の中国人にまでバカにされてたんやね。

[ 鬼銃掃射 ] 2009/10/08 14:24:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンゴルがずっとチョンを支配しててくれれば良かったのに・・・/「日本は日本人のもの」

[ らったっぁ〜 ] 2009/10/08 14:50:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

チョンの純潔など、どーでもええわい!!!

[ キャめ井 ] 2009/10/08 16:50:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

A・R・A☆S・H・Iさん、鬼銃掃射さん、らったっあ〜さん、キャめ井さん、こんにちは。皆さんお仲間ですか?チャットのようなレス回しが相次いで…。どうも嫌韓党の皆さんを勢いづかせるネタを発信してしまったようですね。でも記述をしっかり読み込んで頂いたようでカムサであります!自分は比較文化が専門で、特にモンゴルが征服先で与えた影響の文化的足跡・爪痕を探求しているので、モンゴル人視線の韓史本は日本で翻訳発売されることはなかろうと紹介したのですが…。確かに李成桂の行為は信頼おけないですが、歴代中国王朝の初代も大概似た行為を繰り返して頭角を現したようなもの。日本でも皇国史観の戦前では室町幕府の足利尊氏は逆賊でしたし、蘇我入鹿・平清盛・織田信長らを皇位簒脱者と見做す考えもありますから、日本人もまた同じような歴史を辿ってきたと言えるのではないでしょうか?右寄りなお知り合いにURLリンク貼らないで下さいねm(__)m

[ ペナンヨヘン・ゴゴハクシャ ] 2009/10/08 21:37:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

チョンはいつの世も他人にオンブにダッコかよ
在日は日本臣民に負担をかけるんじゃねえぞ

[ 歌え君が代、掲げよ日の丸 ] 2009/10/09 16:50:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
明治維新という○○
硫黄、奴隷 『華政』
吉田松陰を叩くべし
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ペナンヨヘンシャ 배낭여행자 イメージ
ペナンヨヘンシャ 배낭여행자
プロフィール公開中 プロフィール
ペナンヨヘン=背嚢(バックパック)旅行。十代での初訪韓以来四半世紀の渡韓歴。北朝鮮・中国朝鮮族・僑胞(在日)とも交流し、韓国人留学生を世話する。URLのパンナンは「放浪」のハングル。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 46 1117932
コメント 0 328
お気に入り 0 7

お気に入りリスト

おすすめリンク