recodset

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/recodset

「不汗党」ピョン・ソンヒョン監督、Twitterでの問題発言を謝罪“申し訳ない”

ピョン・ソンヒョン監督が議論を巻き起こしたSNS上の発言に対して公式謝罪した。

ピョン・ソンヒョン監督は18日、マダムベーある脱北ブローカーの告白 DVD自身のTwitterを通じて「Twitterで何も考えずに書いた低俗な発言によって傷ついたすべての方々に謝罪申し上げます」と謝罪した。

これに先駆けて「不汗党 DVD」を演出したピョン・ソンヒョン監督は、韓国の大統領選挙に前後して、地域卑下、性的差別発言をしたという議論に巻き込まれた。これに対して、ピョン・ソンヒョン監督は「SNSがプライベートな領域だと思って、何気なく書き込んだ僕の心無い言葉により、多くの方々に迷惑をかけたようだ。この部分に対しては口が10個あっても言うことがない。特に、この映画を作るために数ヶ月を一緒に苦労した俳優とスタッフたちになおさら面目がない。俳優のファンの方々にも謝罪申し上げる」と明らかにした。

「ただ僕は決して地域差別主義者や女性差別主義者ではないということだけは、ワンライン DVD僭越ながら申し上げたい」というピョン・ソンヒョン監督は「私の故郷も全羅道(チョルラド) であり、特定の地域と女性卑下を続ける人々は僕が一番嫌悪する集団だ。今日のことで言葉の重さを胸に深く刻むきっかけにする」と明らかにした。

また「臆面もないが、皆さんに1つだけお願いしたい。映画『不汗党 DVD』は僕個人の映画ではない。数百人もの汗と努力の結晶だ。何卒この映画が僕の未熟さのため妥当な評価を受けられないことがないよう、皆さんに切にお願いしたい」と伝えた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11631445c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
『ザ・ミドル 〜中流家族のフツーの幸せ』シーズン9で終了
嫉妬の化身 第2回あらすじ コン・ヒョジン チョ・ジョンソク コ・ギョンピョ
イ・ジェフン主演映画「朴烈」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
録画用dvd
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 21 3232
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[韓国] 人気ドラマDVD
[自由が丘] 日本ドラマ
[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…
[西宮] 古本屋日記

最新のコメント

おすすめリンク