recodset

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/recodset

日本政府「軍艦島」に言及“反日感情を刺激する恐れがある”

日本政府が映画「軍艦島」(監督:リュ・スンワン) に対する立場を明かした。

NHKによると、26日に日本政府のスポークスマンである菅義偉内閣官房長官は、記者会見で「軍艦島 DVD」に対し「監督本人が述べているように、この作品は事実を記録したものではなく、創作映画だと認識している」と見解を述べた。

続いて日本統治時代に強制的に動員された韓国人被害者に関し「賠償問題を含め、韓日間の請求権問題は1965年の韓日請求権協定によって完全に解決された」と明かした。

続いて「2015年12月の韓日慰安婦合意は両国政府が締結したもので、その後 DVD両側がともに移行しなければならない」と付け加えた。

先立って韓国の大裁判所は、韓日請求権協定で個人の請求権まで消滅されたと見ることはできないという判決を下した。しかし日本はこの協定によって個人の賠償まで全て解決されたという立場を見せている。

また丸山則夫外務報道官は同日の記者会見で「映画 軍艦島 DVD」に言及しながら「歴史問題を巡って日本に対する否定的な世論が高まる」とし「反日感情を刺激して韓日関係にも影響を及ぼすだろう」と伝えた。

「軍艦島」は日本統治時代、日本の軍艦島(端島、島の形が軍艦に似ていることから軍艦島と呼ばれる) に強制徴用された後、タクシー運転手 DVD命をかけて脱出を試みる朝鮮人の物語を描いた作品で、公開初日である26日には97万人を動員し、歴代新記録を達成した。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11645688c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
中国ドラマ「シンデレラはオンライン中!」第1話 あらすじ
「最後から二番目の恋」チ・ジニ&キム・ヒエ、二人の愛の行方は?
最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
録画用dvd
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 30 2911
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[韓国] 人気ドラマDVD
[自由が丘] 日本ドラマ
[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…
[西宮] 古本屋日記

最新のコメント

おすすめリンク