recodset

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/recodset

韓国映画『タクシー運転手』の大ヒットで浮上した歴史論争

まず、ユルゲン・ヒンツペーターとは何者なのか。彼はドイツ東京特派員として、長く日本に駐在していた記者だ。彼が光州で撮影した動画は日本を経由してドイツに送られ世界中に拡散した。戒厳軍に対抗しデモを繰り広げる市民たち、タクシー運転手 DVD市民に向って催涙弾を発射しデモ隊を棒で殴る戒厳軍、戒厳軍の攻撃を受け倒れる市民たちの姿が日本を含む世界各国に配信されると、韓国政府や軍部を批判する世論が形成され、残虐な韓国軍というイメージが定着した。

戒厳令の下にあった当時の韓国では軍部がマスコミを徹底的に統制していたため、光州でどのような事件が起きているのか、他の地域の国民には知られていなかった。伝えられていたのは光州で大規模なデモが起き、混乱が起きているらしいという程度だ。VIP DVDしかし、国外のマスコミへの軍部の介入には限界がある。ヒンツペーターは閉鎖されていない抜け道を通り光州に潜入、戒厳軍や空港の荷物検査はフィルムを隠してやり過ごした。こうしてヒンツペーターが韓国から持ち出すことに成功した映像は韓国で起こった凄惨な事件の証拠として発信された。

韓国の一部では、韓国のイメージに悪影響を与えているその映像について「朝鮮総連と韓民統(韓国民主回復統一促進国民会議)が送った御用記者だ」という批判がされてきた。タクシー運転手 DVD韓民統とは、韓国の朴正煕政府に抵抗するために、当時野党の指導者であった金大中が1973年に日本で在日韓国人らとともに結成した団体だ(結成準備過程で金大中拉致事件が起こったため、結成は在日韓国人 金載華代表代行のもとに行われた)。1この韓民統がヒンツペーターを韓国に潜入させ、光州事件を取材させ海外に発信することで韓国政府に対する批判的な世論を作り出したというのだ。

韓民統は民主化後の1990年に韓国大法院の判決により、北朝鮮政府、及び朝鮮総連にならび「反国家団体」との判断が下された団体であり、朴烈 DVD韓国では事実上、朝鮮総連の影響下にある「総連系団体」として認識されている。とはいえ、ヒンツペーターと朝鮮総連、 韓民統との接点を示す証拠は確認されていないため、「陰謀論」の一つに過ぎないという見方が大勢であった。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11697552c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ジュノ(2PM)主演の韓国ドラマ「油っぽいメロ」放送終了!
韓国ドラマ「クロス」の作品紹介です。
「先にキスからしましょうか」キム・ソナ、カム・ウソンの正体を知って衝撃を受ける
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
録画用dvd
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 18 7493
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク