recodset

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/recodset

映画「タクシー運転手」実在の人物キム・サボク、タクシー運転手ではなかった?

映画『タクシー運転手』の実在のモデル、キム・サボクさんの正体が明らかになった中で、彼の息子の話が注目を集めている。

去る1日に放送されたSBS『気になる話Y』では、『タクシー運転手 DVD』のキム・サボクが自分の父親だと主張する男性の話が放送された。

映画『タクシー運転手』は今年公開された映画の中で初めて観客1000万人を突破して韓国映画界の新しい歴史を書いている。『タクシー運転手』は1980年5月の光州民主化運動当時に光州の惨状を撮影して全世界に知らしめたドイツの記者ユルゲン・ヒンツペーターと彼を乗せて光州まで同行したタクシー運転手キム・サボクの実話をもとにした話を描いている。

映画が公開されてから4日目になった日、SNSに自分の父親が映画の中の主人公であり、実在の人物であるキム・サボクだという内容の書き込みがされた。映画が興行して自然と本物のキム・サボクへの関心が高まった状況だったことから彼の文章は瞬く間に広まり、軍艦島 DVDそれが事実なのかということに世間の関心が集中した。

キム・スンピルさんは自分の父親が映画の中のキム・サボクであることが確実だと自身の家族関係証明書を示した。そして1980年5月のある日の特異だった父親の姿を鮮明に覚えていると話した。普段とは違って父親が何も言わずに外泊をして帰ってきて、常にきれいな姿を維持していた父親の車があちこちへこんで傷がついた状態だったという。困惑する家族に父親が口にした最初の一言は「同じ民族をあんなふうに殺すことができるか」だったと説明した。

ヒンツペーターさんは光州を離れたその日からこの世を去る日まで、タクシー運転手 DVDいつもキム・サボクさんを恋しがった。ヒンツペーターさんは昨年1月に亡くなる前にキム・サボクさんに会えるのならすぐにでも韓国の飛行機に乗るだろうと話していた。それだけでなく彼は5.18記念財団でも長い間キム・サボクさんを見つけるためにあちこちで聞き回ったが、37年が過ぎても「キム・サボク」を見つけることはできなかった。

これにキム・スンピルさんは自身の父親キム・サボクさんはタクシー運転手ではないという意外な事実を打ち明けた。戦狼U DVD父親は一般タクシーの運転手ではなく、ホテルの宿泊客だけを相手に営業するいわゆる「ホテルタクシー」を運用していた運輸事業家だった。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11699043c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ジュノ(2PM)主演の韓国ドラマ「油っぽいメロ」放送終了!
韓国ドラマ「クロス」の作品紹介です。
「先にキスからしましょうか」キム・ソナ、カム・ウソンの正体を知って衝撃を受ける
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
録画用dvd
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 28 7503
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク