recodset

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/recodset

「青い海の伝説」14話 イ・ミンホとパク・ヘスがブラックコンビで活躍

SBS水木ドラマ『青い海の伝説 DVD』側は4日、14話の放送を控えてホ・ジュンジェ(イ・ミンホ扮)&ホン・ドンピョ(パク・ヘス扮)の刑事ブラックコンビカットを公開した。

写真の中のホ・ジュンジェとホン刑事は、真剣な表情で書類を見ており、同じ色の衣装で完璧なチームワークを成している。これは、2人がさらに近づいていることを示しているものだ。また、ホ・ジュンジェはホン刑事の職場である警察署で素敵な姿を見せている。

先立って、ホ・ジュンジェとホン刑事はチームを組んでマ・デヨン(ソン・ドンイル扮)の後を追った。マ・デヨンがタクシーを利用してシム・チョン(チョン・ジヒョン扮)を拉致したとき、マ・デヨンが捨てていったタクシーを一緒に捜査しながら、2人はますます近くなった。ホワイトクリスマス DVD特にホン刑事はホ・ジュンジェが下す指示を、自分も知らないうちに移行しながらも、そのような自分の姿に腹を立てる姿で視聴者たちの笑いを誘った。

青い海の伝説 DVD


このように、2人が「トムとジェリー」のような関係を形成して、1つのターゲット、マ・デヨンを追っており、彼らの作戦が成功するかが最大の関心事だ。青い海の伝説 DVDマ・デヨンについて誰よりもよく知っているホ・ジュンジェと、一度決めたターゲットは最後まで離さないホン刑事が出会って、どのような相乗効果を作り出すのかに関心が集める。

韓国ドラマ 青い海の伝説 DVD』側は「ホ・ジュンジェとホン刑事がマ・デヨンという目標のために、より近づく予定」とし「2人が事件解決の糸口を探していく過程を見守ってほしい」と伝えた。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11606248c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

素直に謝る高橋一生は最高だ「シン・ゴジラ」でも「プリンセスメゾン」でも

「…ないです、ないからね!」とついつい敬語を交えてしまい言い直すという拙い演技を繰り広げる沼ちゃんと伊達さんの間で、「あらお兄ちゃん」とさらっと要さんが、先ほど言い争っていた兄妹間の年齢差を決めるシュートを放つ。プリンセスメゾン DVDこのテクニックには沼ちゃんも「伊達さんを結局いちばん上に……ッ!」と思わずもらす。

なんとか乗りきったと思っている伊達さん、要さんに沼ちゃんが「バレてました」と伝えた瞬間、また伊達さんの「すいません」が炸裂。

無表情のまま、やすらぎの郷 DVD声のトーンや間の豊かさでこれほど感情って伝わるものなのか。逆に言えば、3話までの伊達さんが抑えた演技をしてきた結果、これだけ彼の変化が際立っているとも言える。作品全体をどれだけ俯瞰して演じたのかはわからないが、このドラマが高橋一生の演技力をまざまざと感じられる作品であることは間違いない。

伊達さんの感情があらわになればなるほど、ドラマ全体がコミカルになっていく。このシーンはとくに、終始ビクついている不動産屋さん含め、延々コントのようなやりとりが続く。プリンセスメゾン DVD展開的には一見、箸休め的なものにも思えるけれど、じつは伊達さんがわざわざ休みの日に、演技までして沼ちゃんの家探しにつきそうことで伊達さんの思いも伝わるし、それによってこの三人の親密度が高まる、ラスト3回に向けていい橋渡しになるたいせつな場面だ。

不動産屋にじつは素性がバレていたと知った伊達さん、恋がヘタでも生きてます DVD要さんのばつの悪そうな表情を見た沼ちゃんは、自分のほっぺをさする。表情がほころんだときに思わずそれを隠そうとする沼ちゃんのクセだ。ここにきて二人が沼ちゃんにとって、大切な人になったことが伝わってくる。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11605724c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ユ・ヘジンxイ・ジュン主演映画「ラッキー」

映画『ラッキー DVD』は成功率100%、完璧なカリスマのキラーが銭湯のキー(Key)により無名俳優として運命が変わったことから巻き起こる超特級反転コメディ。カムバックポスター公開だけでも話題作に浮上した『ラッキー』がついに1次予告編とチェンジポスターを公開してユ・ヘジン、イ・ジュンの歴代級コミックシナジーを予告する。

今回公開された1次予告編は成功率100%の圧倒的なカリスマを持つキラーのヒョンウク(ユ・ヘジン扮)の姿で華やかに開始される。操作された都市 DVD殺人依頼を完璧に遂げて偶然銭湯に入ったヒョンウクはジェソン(イ・ジュン扮)が落とした石鹸を踏んですべり頭を打って気を失う。

ラッキー DVD


この際ジェソンがヒョンウクと銭湯の鍵を取り違え、二人の運命は瞬時にして変化する。カリスマあふれるキラーから32歳のジェソンの人生を生きることになったヒョンウクは自分が無名アクション俳優だったという事実を知るまでに激しいアルバイトを経験する。時間の上の家 DVDキラーだったときに体に身についた刀さばきで粉食屋にてたくあん工芸をし、キムパプを紙の薄さに切るだけでなく、エキストラの間で完璧に近いスタントアクションを披露するなどヒョンウクの姿は独歩的なコミックキャラクターの誕生を予告して予備観客たちの視線を掴む。

同時に公開されたチェンジポスターは『ラッキー DVD』の主人公ユ・ヘジンとイ・ジュンの正反対の姿が視線を集める。圧倒的なカリスマキラーのヒョンウクの姿と、人生を諦めたような無名俳優ジェソンの姿が正反対の魅力を見せる。そして「無名俳優vs完璧キラー 運命が変わる!」というコピーが融合して映画の反転状況を期待させる。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11603877c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新垣結衣だけじゃない!芸能界に「メガネ女子」ブーム到来!?

男なら一度は憧れるメガネ女子が、またもやトレンドになっているらしい。10月10日スタートのドラマ「掟上今日子の備忘録」(日本テレビ系)では公式ビジュアルとして、ヒロインを務める新垣結衣のメガネ姿が公開された。水族館ガール DVDそんなメガネガッキーについてテレビ誌のライターが説明する。

「今回はメガネに加えて銀髪という衝撃的なビジュアルで話題ですが、ガッキーは2011年のドラマ『全開ガール DVD』でもメガネ姿を披露していました。またチョコ菓子のテレビCMでは、パソコンを前にブルーライトカットらしきサングラスを掛けているなど、実はメガネ姿が似合うことでも評判なんです」

そのブルーライトカットメガネが一般化していることもあって、視力に関係なくメガネを掛ける女子も増えている。水族館ガール DVDZOFFのCMでは水原希子のメガネ姿がおなじみとなり、最新のCMでは青文字系ファッション誌で活躍するモデルの青柳文子と武智志穂も登場。10〜20代の女子に訴求している。

「メガネをはずしたらこんなに可愛かった」は昭和の話。全開ガール DVDいまは「メガネをしてみたらこんなに可愛い」アピールで気になる男を振り向かせてみては?


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11603293c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

リュ・ヘヨン「特別市民」に出演確定…チェ・ミンシク&シム・ウンギョンらと共演

女優リュ・ヘヨンが映画「特別市民」に出演する。

C-JeSエンターテインメントは「女優リュ・ヘヨンが『映画 特別市民 DVD』の出演を決めた。ソウル市長選挙対策本部のブレーン役を演じる予定だ」と明らかにした。

この映画はソウル市長選挙を控えて繰り広げられる政界の裏側を描いた作品だ。リュ・ヘヨンに先立ち、チェ・ミンシク、クァク・ドウォン、シム・ウンギョンが出演を決め、ある日 DVD話題を集めた。チェ・ミンシクとクァク・ドウォンがそれぞれ現ソウル市長と選挙対策委員会の委員長役を、シム・ウンギョンが青年革新委員長役を演じる予定で、リュ・ヘヨンは選挙対策本部のブレーンに扮し、緊張感をさらに高める予定だ。

2007年、短編映画「女子高生だ」でデビューして以来、2013年に映画「イントゥギ」で期待の星に浮上したリュ・ヘヨンは引き続き「MANSHIN」「私の独裁者」「あいつだ」、特別市民 DVDKBSドラマ「スパイ」など映画やドラマで活躍し、新人らしくない安定した演技力で存在感をアピールしてきた。

最近放送終了した人気ドラマtvN「応答せよ1988」でソン・ボラ役で愛され、パパの娘 DVD2016年最も注目される新人に浮上したリュ・ヘヨンが「特別市民」に出演することになり、映画でも活躍すると期待される。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000199495/p11602927c.html
ドラマ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
録画用dvd
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 12 1962
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[韓国] 人気ドラマDVD
[自由が丘] 日本ドラマ
[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…
[西宮] 古本屋日記

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード