ここ掘れ㌆² U^ェ^U ☰☷☯☵☲

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://korea.areablog.jp/pangnang

離島巡り

[moblog]
離島巡り
離島巡り
離島巡り
今年の世界遺産登録では、明治日本の産業革命遺産の審査に際して韓国の反発があり、しこりも残す後味悪い印象が拭えきれていない。
で、来年は再び九州から長崎の教会群とキリスト教関連遺産が登録審査対象で、こちらはクリスチャンが多い韓国が応援してくれる気配があり、関係改善のきっかけとなるかも知れない。
長崎市内の大浦天主堂や平戸など元々知られた観光地の場所もあるが、五島列島の離島に点在する隠れキリシタン由来の教会が何とも言えない良い風情を醸し出している。学生時分に島巡りをしたが、その後過疎化が進み船便が減り訪ねにくくなったことは否めない。
せっかくの三連休であり、海の日でもあるので思いきって離島訪問を決行した。直前まで台風の心配もあったが、どうにかやり過ごすことができた(被害に遭われた地域にはお見舞い申し上げる)。
今回訪れたのは中通島(新上五島町)を拠点に世界遺産候補の頭ケ島天主堂と旧野首教会(野崎島)。頭ケ島天主堂は島特産の砂岩を用いており、谷あいの小さな集落の森に囲まれた中にポツンと建っている。内部はパステルカラーで花柄をあしらっており、可愛らしい。
一方、野首教会がある野崎島へは船を乗り継がねば行けず、その船は町営渡船というローカル色。現在では無人島になっており、高台の上に聳え立っているが、近づくとこちらも思ったよりは大きくない。レンガ造りだが、そのレンガは長崎本土から何年かけて運ばれてきたもの。野崎島は海も美しい。
どちらの教会も貧しい信者の永年の浄財が根幹にある。

こうした教会に人を誘致するポスターにはハングル版もある。船足が限られており、日本人でも訪ねるのが大変なだけに、ましてや韓国から個人で来ることは難しいところ。それでも来るのは信心のなせる御業か。
ところで来年の世界遺産で韓国は、韓国式書院群を申請している。中国起源の儒教が韓国に伝わり、独自の文化に発展した課程で韓屋風の書院(儒学校)が誕生した。この書院に併せ、韓屋式の教会も世界遺産にしようという運動もあるようで、その活動をしている人達は「長崎が先行することで不利になるのでは」と危惧し警戒しているらしい。


アイランドホッピング
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://korea.areablog.jp/blog/1000001984/p11229644c.html
ヨヘン -旅 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね!

[ 王子の美容院アクセス案内 ] 2015/07/31 13:12:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
古墳近くに
天草へ
画像更新
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ペナンヨヘンシャ 배낭여행자 イメージ
ペナンヨヘンシャ 배낭여행자
プロフィール公開中 プロフィール
ペナンヨヘン=背嚢(バックパック)旅行。十代での初訪韓以来四半世紀の渡韓歴。北朝鮮・中国朝鮮族・僑胞(在日)とも交流し、韓国人留学生を世話する。URLのパンナンは「放浪」のハングル。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 19 1123883
コメント 0 328
お気に入り 0 7

お気に入りリスト

おすすめリンク